Home  > 屋久島トレイルガイド(初心者向け)

屋久島縦走info

142240.jpg
yamayama.png

​上級者向け

IMG_0318 (1).heic

寝袋テントにマット、コンロ食料雨具に防寒着‥と。山の数日を自分だけで過ごすのに必要な装備をザックに詰め込んだらいざ出発です。誰にも気兼ねすることなく過ごす時間、ひとり気ままに歩き回る、山頂を目指し尾根をつないで歩いた軌跡を振り返る。日帰り登山の喧騒から離れ天上で過ごす時間こそが山登りの醍醐味でしょう。

屋久島は他の山域より山泊まりの難易度が高いです。というのも管理人のいる山小屋は一切なく、全て避難小屋だからです。また突然の天候不良による沢の増水などありま

ご参考下さい。

●屋久島トレイルガイド(初心者向け)
●屋久島ってどんなとこ
●季節ごとの屋久島
●屋久島観光ガイド
●屋久島の山小屋
●屋久島土産10選
●屋久島グルメ
※リンク先のない項目は作成中です
 

①淀川登山口~荒川登山口

IMG_6228_Original.jpg

太鼓岩からの絶景

屋久島縦走の基本コース

ジブリ映画「もののけ姫」を描く際のイメージモデルになったと言われる屋久島。その代表的なスポットが宮之浦からほど近い白谷雲水峡です。

A7307542_Original.jpg

苔むす森までなら往復2時間半~3時間

一歩足を踏み入れれば苔の森

さくっと立ち寄りたいのなら入り口から「二代大杉」まで往復1時間前後を歩くだけでも苔むした森の雰囲気を味わえるでしょう。体力と時間に余裕があれば「奉行杉コース」からの「太鼓岩コース」など、時間の許す限りじっくりと屋久島の森を満喫して下さい。

※白谷雲水峡は雨天時、沢の増水によりコース制限されることが頻繁にあります。出発前に下記サイトより、「白谷雲水峡 お天気情報」を必ずご確認下さい。

「屋久島レクリエーションの森」公式サイト

IMG_2471_Original.jpg

​雨の日こそ森は美しい

トレイルマップ初級_page-0001.jpg

白谷雲水峡へのアクセス

宮之浦から車で15分~20分、又は路線バスを利用。

※バスの停留所及び発着時間は下記2社の時刻表を確認して下さい。

まつばんだ交通バス時刻表(2021年度)

屋久島交通バス時刻表(2021年度)

 
 

②花山歩道~永田岳

.jpg

ウィルソン株内部

日の出から日没まで

縄文杉を見るためには8.5kmのトロッコ道と2.5kmの大株歩道、合わせて片道11kmの道のりを歩かなければいけません。

日帰りトレッキングなら、ひたすら早足で歩き続けて往復7時間前後。ガイドツアーで10時間~11時間程かかります。途中には「ウィルソン株」や「大王杉」、「トロッコ道」といった屋久島を代表する景観が目白押しで、丸一日がかりの行程も飽きることなく楽しめるでしょう。​

縄文杉-1.jpg

雨中の縄文杉

縄文杉が「つまらない」も「楽しい」もあなた次第

道は適度に整備されており、シーズン中は人も多いので必ずしもガイドツアーに参加する必要はありません。体力に自信があり、縄文杉を見たいだけなら個人だけでも十分可能でしょう。

しかし、例えツアーへ参加したとしても普段歩きなれていない方がいきなり往復22kmを歩くのはとても大変です。帰り道には足が痛くなり、苦行のように感じるかもしれません。

​せっかく時間とお金をかけて屋久島へ来たのなら、「杉を見ただけ」ではなく楽しい一日にしたいものです。そのためには事前の足慣らし・体力づくりが必須と言えるでしょう。

トロッコ道の夢を見る-1.jpg

トロッコ道を歩く

トレイルマップ初級_page-0001.jpg

荒川登山口へのアクセス

安房の「自然館前駐車場」からシャトルバスで約35分。もしくはタクシーを利用。

シャトルバス料金:大人片道700円、中学生以下350円

※12月~2月は車でのアクセス可能。ただし積雪に注意。

 

③ヤクスギランド~花之江河

A7300772_Original.jpg

天文の森・釈迦杉は樹齢2000年とも言われる

訪れる価値のある森

名前がダサいことで知られるヤクスギランド。初めてその名を聞いた人の大半はテーマパークか何かだと思い、全く興味をそそられることはないでしょう。

しかしその歴史は古く、昭和46年に自然休養林として制定された屋久杉の原生林なのです(白谷雲水峡は昭和48年制定)。奥へと進めば人の気配もほとんどなく、緑に覆われた苔の景色や美しい沢、巨木の広がる森を心ゆくまで散策でき、名前から受ける印象とは全く違った感動を味わえることでしょう。

雨の中-1.jpg

白谷雲水峡が雨で行けない時の代替にも

屋久島の森を歩こう

雨の日は白谷雲水峡の「苔むす森」や「太鼓岩」がコース制限により行けないかもしれません。そんな時でもヤクスギランドは比較的コースが解放されています。

よく整備された「ふれあいの径コース(30分)」から本格的な「天文の森コース(210分)」まで、こちらも体力に応じて様々なトレッキングができるので登山に興味のない方にもおススメ。30分コース・50分コースなら、全面木道が敷かれているので普段着のまま屋久杉や苔の森を楽しめます。

さらには車で約10分離れた道路沿いにある「紀元杉」や往復2~3時間の「淀川トレッキング」など、この付近だけでも見どころは尽きません。

※天候によって沢が増水したり登山道が危険な状態になることもあります。出発前に下記サイトより、「今日のヤクスギランド」をご確認下さい。

「屋久島レクリエーションの森」公式サイト

起源杉-1.jpg

せっかくなら紀元杉まで足をのばして

トレイルマップ初級_page-0001.jpg

ヤクスギランドへのアクセス

安房から車で30~40分。又は路線バスを利用。

※バスの停留所及び発着時間は下記の時刻表を確認して下さい。

屋久島交通バス時刻表(2021年度)

 

④永田歩道~永田岳

IMG_4986.heic

一枚岩を舐めるように流れる滝

夏には水着を用意して

晴れた日にプライベートで登るなら、真っ先に候補に挙がるのが蛇之口滝トレッキング。

​尾之間温泉横の登山口から出発して、南国特有の亜熱帯林や苔に覆われた沢を横目に歩いて行くと突如目の前が開けて巨大な滝が姿を現します。

往復2時間半~4時間ほどで急な傾斜はなく、沢沿いを緩やかに登って行くので体力に自信の無い方や小さなお子様を連れた家族連れにも最適。夏休みを満喫するなら必ず訪れたい場所の一つです。

IMG_4886.heic

変化にあふれた登山道

盛り沢山の一日

7月~9月までなら滝壺へ飛び込んで泳ぎましょう。屋久島の沢は非常に透明度が高く美しいので、夏休みにはあちこちで地元の子供たちが川遊びをしています。もちろん蛇之口滝もよく知られているものの、わざわざ山を登ってくる人は少なく滅多に混雑はしないでしょう。

エメラルドグリーンの広い滝つぼを貸切状態なんてことも珍しくはないので、意外な穴場スポットかもしれません。

さらに下山すれば目の前はすぐ温泉。源泉かけ流しの尾之間温泉は泉質も良く、地元集落の人々にとっての憩いの場として愛されています。

15時半までに下山すれば、隣の「サロン湯の峰」でまったり過ごすのも幸せなひと時。豆乳ソフトクリームや抹茶フロートは絶品の味わいで、このためだけに立ち寄るのも良いでしょう。

登山後の楽しみ(上:無料の足湯 下:抹茶フロート)

IMG_5022.heic
IMG_5005.heic

登山後の楽しみ(左:無料の足湯 右:抹茶フロート)

トレイルマップ初級_page-0001.jpg

尾之間温泉へのアクセス

車か路線バスを利用。

(バス停「尾之間温泉入口」より徒歩5分)

尾之間温泉について

営業時間:午前7時~午後9時(月曜日のみ午前12時から)

料金:300円

蛇之口滝ガイドツアーはこちら!

ガイドツアー「蛇之口滝トレッキング」はページ作成中です。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

⑤楠川歩道~尾之間歩道(0 to 0)

1DB6114F-9ABD-4B32-89CE-72DF716865D9.jpg

何時間でも眺めていられる

屋久島一の清流

蛇之口滝と並んで島民に人気のトレッキングスポットが、淀川登山口から片道一時間弱の淀川です。

いつも穏やかで透き通った水の流れる景観は、数ある屋久島の沢の中でも屈指の美しさを誇ります。

​よく晴れた日には「かもがわ」の竹の葉弁当を持ってピクニック気分で向かいましょう。川岸に腰掛けてゆるやかに流れる川を見つめていれば、時間が過ぎるのも忘れてしまいます。

A7300136.JPG

光の角度で​刻一刻と変化していく水色

川沿いには淀川小屋とトイレも

淀川登山口は宮之浦岳登山や屋久島縦走の一般的な出発地点でもあります。

登山口から小屋まで多少のアップダウンはあるものの、標高はほとんど変わりません。縦走であればのんびり登山口を出発して、小屋で一晩過ごすのも良いでしょう。

淀川小屋へ昼過ぎに到着しても、気持ちの良い森の中で過ごしていればあっという間に夕方。川を渡ればすぐに急登が始まるので、翌日に備えて英気を養って下さい。

IMG_20191208_034030_453.jpg

どの時期に訪れても美しい

トレイルマップ初級_page-0001.jpg

淀川登山口へのアクセス

安房から車で50分~1時間、又は路線バスを利用。

(バス停「紀元杉」より徒歩約30分

※バスの停留所及び発着時間は下記の時刻表を確認して下さい。

屋久島交通バス時刻表(2021年度)

淀川ガイドツアーはこちら!

ガイドツアー「淀川トレッキング」はページ作成中です。詳しくはお問い合わせ下さい。

 

⑥西部林道ハイキング

IMG_0813.JPG

​森を抜けて海へ向かう

屋久島一の動物王国西部林道

非常に多くの猿と鹿が生息していることで有名な西部林道は、屋久島定番の観光スポットです。

島全体の約2割しかない世界自然遺産登録地域にも含まれているので、登山に興味のない方でも必ずといっていい程ここへは訪れるでしょう。

しかしせっかくの屋久島で森に入らないなんてもったいない。自らの足で歩き森のにおいや動物の気配を感じることで見えてくるものがきっとあるはずです。

A7307953.JPG

ヤクシカはかわいい

一歩足を踏み入れれば苔の森

西部林道の歩き方は様々。車道だけで約17km続く広大な土地なので、どのように歩くも自由です。

ただし整備された登山道はありません。踏み跡を辿るにしても、獣道も多く電波も入らない場所なので初心者だけで森に入るのは止めた方が良いでしょう。

ガイドツアーでいつも訪れる半山地区ではアコウやガジュマルの大木に樹上植物のオオタニワタリが着生する亜熱帯林や、約50年前まで存在した集落跡など興味深い見どころが多くあります。​

A7304655.JPG

ガジュマルの巨木

トレイルマップ初級_page-0001.jpg

西部林道へのアクセス

車が必要。林内を歩くのは主に「半山地区」か「川原地区」だが、明確な登山道が無いためガイドツアーへの参加がお勧め。

西部林道ガイドツアーはこちら!

MAPへ戻る