Home > Tours > Camp Tours > 縄文杉と白谷雲水峡一泊二日

.jpg

縄文杉と白谷雲水峡一泊二日キャンプ

縄文杉と白谷雲水峡は屋久島を代表する場所であるため、通常の日帰り登山では行列ができたりゆっくり写真を撮れないこともあります。せっかく屋久島に来たのに人ごみを見たくない!そんな方は山でキャンプをするツアーがお勧めです。他の登山客と違う時間帯でゆっくりあるくため、ほとんど人の気配も感じない森を存分に楽しめます。日帰りツアーでは通常30分も滞在できない縄文杉ですが、昼・夜・朝と時間帯によって全く違う表情を心ゆくまで眺めて下さい。

夜はガイド特製の山メシやお酒を楽しみ、晴れれば星空と朝日に輝く縄文杉などイベント盛りだくさんの人気ツアーです。

IMG_20190727_093304_959.jpg
IMG_6228_Original.jpg
4DA94228-881A-441F-84E3-8A5CB44629D2.JPG
縄文手前の根っこ-1.jpg

山中泊でも安心!ガイドがしっかりサポートします

​登山初心者だから、山でキャンプなんて心配。という方も多いでしょう。しかし屋久島の山小屋は、登山道と同じように綺麗に整備されており、清潔・快適に過ごすことができます。電気や炊事設備のない避難小屋のため個人で来るには少しハードルの高い場所ですが、専属ガイドが調理器具、食料、水、テントと必要なものを担ぐため安心して楽しむことができます。

歩く距離は半分づつ

日帰り登山と違い、縄文杉に着いたらその日はご飯を食べて寝るだけ。時間を気にして下山する必要がありません。夕暮時の縄文杉や星空を見た後は小屋でぐっすり眠りましょう。翌日は時間に余裕があるので、朝ものんびり。日帰りでは行けない寄り道をたくさんして降りましょう

IMG_20190820_060026_753.jpg
かみおん-1.jpg
IMG_1625_Original.jpg
IMG_20190825_014531_952.jpg

誰もいない縄文杉をひとり占め

キャンプツアー最大の魅力と言えば、「時間制限なく」「何度も」「いろんな時間帯・表情の」縄文杉を堪能できることでしょう。日が沈む頃、人気のない森でひっそりと佇む縄文杉や、朝日を浴びて金色に輝く縄文杉は、山中に宿泊しないと決して見ることはできません。

それ以外にも山で見る夕焼けや風の音しか聞こえない夜中の森、満天の星空等、普段目にすることのない景色がたくさんあります。

CD90CBF7-735C-4B44-B970-C7245A4B9BAA.jpg
IMG_20190826_041658_915.jpg
IMG_20190824_082628_676.jpg
A7300613.JPG

山メシも登山の醍醐味

通常、山での食事と言えばフリーズドライやレトルトフード、カップラーメンなどの簡素なものです。しかし貸切・少人数のみご案内する私達のツアーでは食事にも手を抜きません。毎回多種多様な山メシを提供し、周りの登山客から羨ましがられています。

IMG_20190830_102449_812.jpg
IMG_9542 (1).heic
IMG_1560.HEIC
shiratanilunch.jpg

​概要

​歩行距離:  約22㎞​

歩行時間:  一日目約8時間/二日目約8時間​

​難易度:   中

標高差:   約700m(600m-1,300m) 

ホテル出発: 午前5時頃

ホテル帰着: 午後4時頃(二日目)

料金(貸切ガイド・税込み)

1名様: 103,000円

2名様: 105,000円(52,500円

3名様: 126,000円(42,000円

4名様: 要問合せ

※()内はおひとり様あたりの料金です

​​※送迎料金、シャトルバス代、山岳保全協力金が含まれています

Kichikin Trek 屋久島のキャンプツアーは

現地での追加料金一切不要。

→ホテルから登山口への送迎、シャトルバス代金、山岳保全協力金等は全てツアー料金に含まれております。

寝袋や登山ザック等、キャンプに必要な道具を無料レンタル。(詳細は下記参照)

→ツアー前日に空港又は港からホテル送迎・出発時間等打ち合わせ+レンタルセットをお渡しします。

​※ご希望の方は屋久島到着後、3~4時間の島内周遊観光へご案内致します。(追加料金10,000円)

服装

登山靴、雨具(上下別れたもの)、ザック、防寒着、運動に適した服(化繊のジャージ等)

​※こちらのコースはハイキングではありません。スニーカーやビニール雨具ではなく、適切な登山の装備をご用意下さい。詳しくは、こちらのリンクをご覧下さい。

→服装

持ち物

​一日目のお弁当(朝・昼)、寝袋、マット、着替え、飲み物、行動食、常備薬、タオル、携帯トイレ等

※詳しい情報はこちらのリンクをご覧下さい

→装備・持ち物

キャンプ用のお泊りセットを無料レンタル!

​一泊二日のキャンプには、日帰りツアー以上に様々な道具が必要です。
Kichikin Trekでツアーお申込みのお客様は、山中泊に必要な
9点セットを無料でご利用頂けます。

・ザック+レインカバー(40Lサイズ)

・寝袋(montbell製ダウンハガー800#3)

・インナーシーツ(清潔&快眠をお約束)

・マット(montbell製U.L. コンフォートシステム エアパッド 180)

・ドライバッグ(着替えや寝袋も濡れずに安心)

・折りたたみ傘(montbell製トレッキングアンブレラ)

・トレッキングポール(足の負担を大幅に軽減します)

・ヘッドライト(夜の山では必需品)

​※トレッキングシューズ、レインウェアはサイズが多岐にわたるため弊社では用意しておりません。
ご自身でご用意頂くか、島内のレンタルショップをご利用下さい。

お弁当について:
早朝出発のため、朝・昼ともに弁当が必要です。ご宿泊ホテルにて前日注文するか、お店でパンやおにぎりをご用意下さい。カップラーメンなどのお湯が必要な方はガイドが用意します。

シャトルバスについて:

毎年3月1日から11月31日まで、荒川登山口への一般車両通行は禁止されているため、全ての登山者は屋久杉自然館前バス停からシャトルバスを利用します。

​料金は中学生以上700円、小学生350円です。(片道、一人あたり)→ツアー料金に含まれています

山岳保全協力金について:
屋久島では登山道のトイレ及び山小屋の使用料は無料ですが、その運営は全て皆様から頂く協力金によって賄われています。支払いは任意ではございますが、世界遺産屋久島の自然環境を守るため、皆様のご協力をお願いしております。  

山中泊では中学生以上2,000円です。(一人あたり)→ツアー料金に含まれています

送迎について:

全てのツアーで、宿からの送迎は無料です。ただし宮之浦~安房以外の地区にご宿泊の場合、ツアー料金が異なります。
詳しくはこちらをご覧下さい。

宿泊地について:

縄文杉から200m地点にある高塚小屋(定員15名)、又は周辺でのテント泊です。小屋が満員時もしくはお客様のご希望に応じて、ガイドがテントをご用意します。

森の中で一夜を過ごす、非日常をお楽しみ下さい。

その他:

大雨警報が発令された場合、又悪天候によりガイドが危険と判断した場合はツアーの催行を中止致します。その際、キャンセル料は頂きません。

なおキャンセル規定についてはこちらをご覧下さい。

Kichikin Trekの山ごはん

キャンプツアーでは、一日目の夕食・二日目の朝食・昼食をガイドがご用意致します。キャンプ好きのガイドが作る美味しい食事を山中でもお楽しみいただけます。

一日目の朝食・昼食はお客様自身でご準備をお願いします。(宿でお弁当の注文ができます。またはパンなどをご用意下さい。

A7305445.JPG

山カフェ・タイム

長いトレッキングの途中には、腰を下ろして一息つきたいもの。屋久島で焙煎された珈琲を、お客様がその場で挽いてドリップ。もしくはココアやチャイ、カフェオレ等をご用意しております。

IMG-1699.jpg

季節ごとのメニュー

寒い時期にはクリームシチュー、キムチ鍋、豆乳鍋など。夏は定番の手作りカレー、サラダに炊きたて十穀米ご飯。

ガイドとお客様持ち寄りのお酒で過ごす夜もキャンプの楽しみ。

料理好きのガイドが日々新メニューを考えています。

IMG_20190809_233201_869.jpg

朝食はフレンチトースト

キャンプの朝はできたてのフレンチトーストが大人気。珈琲、サラダとご一緒に。

甘いものが苦手は方はご希望を伝えて下さい。和食のご用意も可能です。

IMG_20190903_070521_898.jpg

​ご家族連れには

食後の焼きマシュマロとスモアは家族連れに大人気。

※要リクエスト

​山メシメニュー(2022年夏~秋)

 

一日目夕食

・ごろごろ玉子とカボチャのサラダ

・カマンベールチーズフォンデュ(ウインナーとフルーツトマト)

​・生ハムと水菜、レッドオニオンのサラダ

・鯖節と豚肉の和風屋久島カレーと十穀米ご飯

・ドリンク(コーヒー・カフェオレ・ココア etc.)

二日目朝食

・フレンチトースト

又は

​・たっぷりチーズボロネーゼリゾット

・挽きたてコーヒー

二日目昼食

・ゴマ豆乳味噌うどん

又は

・サバ節とキノコのオイルパスタ

​※上記とはメニューが異なる場合もございます

※メニューに関するリクエストや好き嫌い、又はアレルギー等は事前にお知らせ下さい

高塚小屋ってどんなところ

キャンプツアーの宿泊地となる高塚小屋は2013年に建造、2017年に改装されたばかりの山小屋です。縄文杉から約7分ほど離れた、静かな森の中にひっそりと佇んでいます。比較的新しい山小屋ですので内部は明るく清潔で、空いていれば快適に過ごすことができます。
​混雑している時や天候に問題がなければ、ガイドがテントを用意しますが外で過ごすのもキャンプ気分を味わえて楽しいでしょう。

IMG_5339.JPG

ヒメシャラに囲まれた明るい森の中。縄文杉からの距離は約200m。

IMG_5347.JPG

内部は板敷きです。靴を脱いで上がりましょう。

IMG_5340.JPG

1フロアに5人分のスペースがあります。

IMG_5348.JPG

高塚小屋は3階建て。定員は15人ですが、避難小屋なのでそれ以上入ることも。

IMG_5332.JPG

天気が良ければ外でテントも気持ち良い。

IMG_0104.HEIC

高塚小屋周辺の、広々として気持ちの良い空間でリラックスしましょう。