Home > Tours > Camp Tours > 屋久島縦走一泊二日キャンプ

霧が晴れ-1.jpg

屋久島縦走一泊二日キャンプ

淀川登山口から​九州最高峰の宮之浦岳、縄文杉、そしてトロッコ道を通り荒川登山口へと降りる縦走は、屋久島の魅力を詰め込んだ最高の登山コースです。花崗岩の巨石があちこちに転がる独特の山岳地帯から屋久杉の立ち並ぶ深い森まで、二日間で景色がどんどん変わり飽きることがありません。登山道は険しいところもありますが、ガイドが安全にご案内しますので初心者の方でも安心してご参加頂けます。​屋久島が初めての方もリピーターの方も、たっぷりと登山の楽しさを味わって下さい。

A4183133-FB06-4614-B91D-4B4814BD174D_155
0D297E1F-FAC1-4380-9C9F-AEC6CFE610AB.jpg
F654A94C-AF03-4A97-94A3-DF7EC5730D0F.jpg
IMG_20191208_031253_428.jpg

深い山の中、淀川登山口から旅の始まりです

​縦走コースの起点は通常淀川登山口です。安房の街から約40分狭い車道を登っていくことで、すでに1,400mの高所に来ています。車を降りるとひんやりとした朝の空気が身を引き締めてくれます。これから始まる長い登山の前に朝ごはんとトイレを済ませましょう。

登山口から屋久島一美しい清流、淀川へ

登山口から一時間ほど歩くと、淀川小屋に到着です。ここまでは高低差が少なく、足慣らしといったところ。すぐそばを流れる美しい淀川を見てしばし休憩しましょう。まだ時間に余裕がうちは、早速コーヒータイムにしてもいいかもしれません。

IMG_20190702_084956_309.jpg
IMG_20190703_073158_464.jpg
IMG_20191208_034030_453.jpg
1DB6114F-9ABD-4B32-89CE-72DF716865D9.jpg

日本百名山、宮之浦岳

島の中心部に位置するのが標高1,936m、九州最高峰の宮之浦岳です。登山口からの高低差は500mほどですが、歩行距離8.5kmも離れているので途中の道はアップダウンの連続です。お昼すぎにようやく到着すると、もう景色を遮るものはありません。巨岩の転がる山々、水平線まで広がる海、刻一刻と姿を変える雲、とここまでの苦労が報われるような光景を目にするでしょう。しばし山頂で休憩した後は、足元に広がる森へと再び足を踏み入れます。宿泊地の新高塚小屋まではあと約3時間。気を引き締めて頑張りましょう。

IMG_20190706_080420_231.jpg
IMG_20191208_235142_029.jpg
IMG_20190614_235924_601.jpg
2B5FB929-3A2A-4902-8199-5D1ABA2FB713.jpg

縄文杉も人気のない時間に堪能

定員40名の広々とした新高塚小屋で一晩過ごした翌日、朝ごはんを食べて少し早めに出発します。1時間も山を下ると現れるのが、推定樹齢7200年の縄文杉。ここまでの道中にたくさんの屋久杉を見てきましたが、比べ物にならない迫力です。縄文杉付近が混雑するのはお昼近くになってから。ほとんど人のいない縄文杉とゆっくり対面しましょう。時間の許す限り、気のすむまで、お時間をお取りします。(お客様の体力次第で、朝日に輝く縄文杉もご案内できます)

縄文杉
E993B078-9256-4CC5-B18D-DAF114B9C89E.jpg
1EAA1B11-E010-4EE7-A456-05CA36BA8976.jpg
IMG_20190825_014531_952.jpg

※クリックで拡大

​概要

​歩行距離:  約24㎞​

歩行時間:  一日目約10時間/二日目約8時間​

​難易度:   高

標高差:   約1300m(1,400m-1,936m-600m) 

ホテル出発: 午前5時頃

ホテル帰着: 午後4時頃(二日目)

料金(貸切ガイド・税込み)

1名様: 105,000円

2名様: 110,000円(55,000円

3名様: 135,000円(45,000円

4名様: 要問合せ

※()内はおひとり様あたりの料金です

※送迎料金、シャトルバス代、山岳保全協力金が含まれています

Kichikin Trek 屋久島のキャンプツアーは

現地での追加料金一切不要。

→ホテルから登山口への送迎、シャトルバス代金、山岳保全協力金等は全てツアー料金に含まれております。

寝袋や登山ザック等、キャンプに必要な道具を無料レンタル。(詳細は下記参照)

→ツアー前日にレンタルセットをお渡しします。可能な時間帯であれば空港か港でお迎えして、ホテルへ送迎します。

​※ご希望の方には屋久島到着後、約3時間の島内周遊観光へご案内致します。(追加料金10,000円)

服装

登山靴、雨具(上下別れたもの)、ザック、防寒着、運動に適した服(化繊のジャージ等)

​※こちらのコースはハイキングではありません。スニーカーやビニール雨具ではなく、適切な登山の装備をご用意下さい。詳しくは、こちらのリンクをご覧下さい。

→服装

持ち物

​一日目のお弁当(朝・昼)、寝袋、マット、着替え、飲み物、行動食、常備薬、タオル、携帯トイレ等

※詳しい情報はこちらのリンクをご覧下さい

→持ち物

キャンプ用のお泊りセットを無料レンタル!

​一泊二日のキャンプには、日帰りツアー以上に様々な道具が必要です。
Kichikin Trekでツアーお申込みのお客様は、山中泊に必要な
9点セットを無料でご利用頂けます。

・ザック+レインカバー(40Lサイズ)

・寝袋(montbell製ダウンハガー800#3)

・インナーシーツ(清潔&快眠をお約束)

・マット(montbell製U.L. コンフォートシステム エアパッド 180)

・ドライバッグ(着替えや寝袋も濡れずに安心)

・折りたたみ傘(montbell製トレッキングアンブレラ)

・トレッキングポール(足の負担を大幅に軽減します)

・ヘッドライト(夜の山では必需品)

​※トレッキングシューズ、レインウェアはサイズが多岐にわたるため弊社では用意しておりません。
ご自身でご用意頂くか、島内のレンタルショップをご利用下さい。

お弁当について:
早朝出発のため、朝・昼ともに弁当が必要です。ご宿泊ホテルにて前日注文するか、お店でパンやおにぎりをご用意下さい。カップラーメンなどのお湯が必要な方はガイドが用意します。

シャトルバスについて:

毎年3月1日から11月31日まで、荒川登山口への一般車両通行は禁止されているため、全ての登山者は屋久杉自然館前バス停からシャトルバスを利用します。

​料金は中学生以上700円、小学生350円です。(片道・一人あたり)→ツアー料金に含まれています

山岳保全協力金について:
屋久島では登山道のトイレ及び山小屋の使用料は無料ですが、その運営は全て皆様から頂く協力金によって賄われています。支払いは任意ではございますが、世界遺産屋久島の自然環境を守るため、皆様のご協力をお願いしております。 

山中泊では中学生以上2,000円です。(任意・一人あたり)→ツアー料金に含まれています

送迎について:

宮之浦~安房にお泊りのお客様は、宿泊先から登山口まで無料で送迎致します。

それ以外の地区からの送迎には追加料金がかかります。詳しくはこちらをご覧下さい。

宿泊地について:

新高塚小屋(定員40名)、又は周辺でのテント泊です。小屋が満員時もしくはお客様のご希望に応じて、ガイドがテントをご用意します。森の中で一夜を過ごす、非日常をお楽しみ下さい。

その他:

大雨警報が発令された場合、又悪天候によりガイドが危険と判断した場合はツアーの催行を中止致します。その際、キャンセル料は頂きません。

なおキャンセル規定についてはこちらをご覧下さい。

Kichikin Trekの山ごはん

キャンプツアーでは、一日目の夕食・二日目の朝食・昼食をガイドがご用意致します。キャンプ好きのガイドが作る美味しい食事を山中でもお楽しみいただけます。

※一日目の朝と昼のお弁当はお客様ご自身でご用意下さい。(ほとんどの宿で注文できます)

A7305445.JPG

山カフェ・タイム

長いトレッキングの途中には、腰を下ろして一息つきたいもの。屋久島で焙煎された珈琲を、お客様がその場で挽いてドリップ。もしくはココアやチャイ、カフェオレ等をご用意しております。

IMG-1699.jpg

季節ごとのメニュー

寒い時期にはクリームシチュー、キムチ鍋、豆乳鍋など。夏は定番の手作りカレー、サラダに炊きたて十穀米ご飯。

ガイドとお客様持ち寄りのお酒で過ごす夜もキャンプの楽しみ。

料理好きのガイドが日々新メニューを考えています。

IMG_20190809_233201_869.jpg

朝食はフレンチトースト

キャンプの朝はできたてのフレンチトーストが大人気。珈琲、サラダとご一緒に。

甘いものが苦手は方はご希望を伝えて下さい。和食のご用意も可能です。

IMG_20190903_070521_898.jpg

​ご家族連れには

食後の焼きマシュマロとスモアは家族連れに大人気。

※要リクエスト

​山メシメニュー(2022年冬~春)

 

一日目夕食

​・屋久島産サバ節と大分カボス酢の生野菜サラダ

・鹿児島地鶏のチキンステーキ

・ごろごろ玉子とカボチャのサラダ

・十穀米ご飯と特製屋久島カレー

・ドリンク(コーヒー・カフェオレ・ココア etc.)

二日目朝食

・フレンチトースト

又は

​・トマトとキノコのチーズリゾット

・挽きたてコーヒー

二日目昼食

・サバ節とキノコのオイルパスタ

​※上記とはメニューが異なる場合もございます

※メニューに関するリクエストや好き嫌い、又はアレルギー等は事前にお知らせ下さい

山で楽しむおつまみセット!

山のキャンプにお酒はかかせない!そんな方のためにおつまみ+ワインやビールのセットを始めました。ワインやビールを飲みながら一日を振り返り、語らう時間。楽しい夜はあっという間に更けていくでしょう…

IMG_0420.heic

カマンベールチーズフォンデュ

+赤or白ワイン500ml(3,000円)

IMG_0397.heic

クリームチーズの九州醬油とサバ節和え

​+プレミアムモルツ2本(1,500円)

新高塚小屋ってどんなところ

縦走の中継地となるのが標高約1,400mに位置する新高塚小屋です。高塚小屋に比べると作りは古いものの、室内は広々としてゆったり過ごせます。近くに水場があることや水洗トイレが設置されていたり、外に食事用のテーブルがあることなど高塚小屋よりも快適な山小屋と言えるでしょう。

IMG_0515.HEIC

板敷の室内。定員は40名と高塚小屋に比べてかなり広い。

IMG_0506.HEIC

森に囲まれているため周辺は風が通りにくい。

IMG_0516.HEIC

玄関前には準備をしたりのんびりするスペースが。

IMG_0513.HEIC

圧迫感のない室内は混雑していなければ快適にすごせる。

IMG_0509.HEIC

テントスペースも広々。

IMG_0505.HEIC

水場もすぐそばにある。

IMG_0503.HEIC

水洗トイレと汲み取りトイレ。

IMG_0504.HEIC

縄文杉まで1時間~1時間半。宮之浦岳までは3時間~4時間くらい。