1月の屋久島

IMG_0311_edited.jpg

年が明けるとさらに人の気配がなくなり、一年の内で最も山が静まり返る時期になります。

周りに人がいないため他の登山客を気にすることなく楽しめますが、何かあった時に自身で対処しなくてはいけません。

登山経験者でなければガイドツアーに参加することをお勧めします。

縄文杉・白谷雲水峡(標高600m~1300m付近

【​1月の気温:10℃~0℃】

この辺りでは常に積雪があるわけではありません。特に標高の低いところでは雪が積もっても数日ですぐに溶けてしまうでしょう。ただし縄文杉付近の登山道は凍結していることが多いので、ゴムスパイク等を必ず携帯して行く必要があります。

​また冷たい雨が降るので、レインウェアや靴も登山用のしっかりしたものを用意して下さい。

0BD0D6FA-F0B1-4259-BD0B-95533E8B782B.jpg
IMG_0098.heic

【1月の服装】

  • ベースレイヤー(速乾性の長袖Tシャツ)
    冬に綿素材の下着は厳禁。必ず化繊のTシャツをベースに着ておきましょう。

  • ソフトシェル(薄手の長袖シャツ、ウインドブレーカー、化繊のパーカー等)
    フリースを行動着とすれば、必須装備ではありません。冬はレインウェアで代用可。

  • 防寒着(フリース又はダウン)
    冬の必須装備です。休憩時や昼食時にさっと取り出して羽織ります。

  • 帽子、手袋
    暖かいニット帽やウールの手袋がお勧め。

  • ロングパンツ
    厚手の暖かい登山用パンツがお勧め。薄手のパンツやハーフパンツ+薄手のタイツは寒いのでやめましょう。※ジーンズ厳禁。

  • レインウェア上下
    必ず登山用の上下に分かれたレインウェアを用意して下さい。

  • ゴムスパイクまたはチェーンスパイク
    ​12月~2月は木道の凍結や積雪によって非常に滑りやすくなるため、これも冬の必須装備です。「KichikinTrek屋久島」では無料レンタルでご用意しております。

【1月のおすすめツアー】

A7304357.JPG

縄文杉一日トレッキング

白谷の幽玄-4.jpg

白谷雲水峡一日トレッキング

たぶん母子杉-1.jpg

ヤクスギランド一日トレッキング

縄文杉・白谷雲水峡(標高600m~1300m付近

【​1月の気温:6℃~-5℃】

1月上旬であればまだ積雪のない温暖な年もあります。しかし冬の天気は荒れやすく読みづらいので、必ず雪山の装備を整えて入山して下さい。

また標高1,400mの淀川登山口に行く場合、道路の凍結にも注意が必要です。タイミングが悪ければ下山時、通行止めになってしまうこともあります。

​積雪情報については屋久島観光協会に問い合わせをするのが良いでしょう。

IMG_0112.heic
IMG_0336.heic

【1月の服装】

  • ベースレイヤー(長袖)
    森林限界を越えると日差しが強いためベースのシャツ一枚になることもあります。ジオライン等のアンダーウェアも良いですが、なるべく薄手のものにしましょう。

  • ソフトシェル
    パタゴニアR1やモンベルのシャミースジャケット等。

  • 防寒着(フリース又はダウン)
    キャンプをするならできるだけ厚手のものを。

  • 帽子、手袋
    暖かいニット帽やウールの手袋がお勧め。

  • ロングパンツ
    厚手の暖かい登山用パンツ。

  • ハードシェル上下
    ゴアテックス製が◎。

  • 登山靴
    ​ライトアルパインブーツ。

  • チェーンスパイクまたは6本爪アイゼン
    必須装備です。

  • スパッツ
    アイゼンとセットです。