12月の屋久島

IMG_0349_edited.jpg

シーズンオフとなる12月から2月は登山客が急激に少なくなります。天気が良ければ澄んだ空気の中、静かで快適な登山を楽しめるでしょう。

​本州の山に比べると温暖な島なので天候次第では初心者の方でも問題ありませんが、なるべくガイドを頼むか経験者と一緒に山を歩くようにしましょう。

縄文杉・白谷雲水峡(標高600m~1300m付近

【​12月の気温:15℃~1℃】

比較的標高の低いところなら冬の間もトレッキングツアーのご案内が可能です。12月上旬はまだ南国屋久島ならではの温暖な気候で登山を楽しめるかもしれません。だんだんと登山道に雪が積もり、本格的な冬山となる12月中旬以降は必ず適切な装備を用意して下さい。雨や雪が降れば低体温症になる危険性があります。

12月の縄文杉-2.jpg
IMG_0249.heic

【12月の服装】

  • ベースレイヤー(速乾性の長袖Tシャツ)
    冬に綿素材の下着は厳禁。必ず化繊のTシャツをベースに着ておきましょう。日によって気温が大きく異なり、行動中はTシャツ一枚で十分なこともあります。

  • ソフトシェル(薄手の長袖シャツ、ウインドブレーカー、化繊のパーカー等)
    行動着としてTシャツの上に羽織るものがあると便利です。雨に濡れると重くなるため必ず化繊のものを用意してください。

  • 防寒着(フリース又はダウン)
    冬の必須装備です。休憩時や昼食時にさっと取り出して羽織ります。

  • 帽子、手袋
    暖かいニット帽やウールの手袋がお勧め。

  • ロングパンツ
    厚手の暖かい登山用パンツがお勧め。薄手のパンツやハーフパンツ+薄手のタイツは寒いのでやめましょう。※ジーンズ厳禁。

  • レインウェア上下
    必ず登山用の上下に分かれたレインウェアを用意して下さい。

  • ゴムスパイクまたはチェーンスパイク
    ​12月~2月は木道の凍結や積雪によって非常に滑りやすくなるため、これも冬の必須装備です。「KichikinTrek屋久島」では無料レンタルでご用意しております。

【12月のおすすめツアー】

A7304357.JPG

縄文杉一日トレッキング

白谷の幽玄-4.jpg

白谷雲水峡一日トレッキング

たぶん母子杉-1.jpg

ヤクスギランド一日トレッキング

淀川登山口~宮之浦岳(標高1400m~1900m付近

【​12月の気温:8℃~-3℃】

積雪の多い年には12月上旬から積雪があるものの、温暖な日が続けば雪や氷が解けて問題なく歩けることもあります。しかし突然の寒波によって一日で雪に包まれるのが冬の怖いところ。

​森林限界を越えるなら必ずアイゼンを携帯し、雪山に備えた準備をして下さい。

2020年12月には永田岳で滑落死亡事故がおきています。

IMG_0295.HEIC
IMG_0334.heic

【12月の服装】

  • ベースレイヤー(長袖)
    森林限界を越えると日差しが強いためベースのシャツ一枚になることもあります。ジオライン等のアンダーウェアも良いですが、なるべく薄手のものにしましょう。

  • ソフトシェル
    パタゴニアR1やモンベルのシャミースジャケット等。

  • 防寒着(フリース又はダウン)
    キャンプをするならできるだけ厚手のものを。

  • 帽子、手袋
    暖かいニット帽やウールの手袋がお勧め。

  • ロングパンツ
    厚手の暖かい登山用パンツ。

  • ハードシェル上下
    積雪がなければレインウェアも可。

  • 登山靴
    ​ライトアルパインブーツと厚手の靴下を履きましょう。

  • チェーンスパイクまたは6本爪アイゼン
    必須装備です。

  • スパッツ
    アイゼンとセットです。

【12月のツアー】

霧が晴れ-1.jpg

屋久島縦走一泊二日キャンプ

​※無積雪時のみ