Home > Seasons  > Mar

5月の屋久島

IMG_7048_edited.jpg

だんだんと

​また4月上旬から半ばは山桜が咲く

縄文杉・白谷雲水峡(標高600m~1300m付近

【5月の気温:21℃~9℃】

まだ登山客は少ない時期なので、ひんやりした空気の中でゆっくりと登山が出来るでしょう。シーズンが始まったとはいえ、急に寒波が来れば冬の寒さとなるため油断はできません。

白谷雲水峡の苔むす森までなら比較的温暖ですが、太鼓岩や縄文杉まで行くのであれば気温は低いです。せっかくの屋久島で辛い思いをしないように、登山用のレインウェアや防寒着等をしっかりと用意しましょう。

4月さん.heic
4月よん.jpg

【5月の服装】

  • ベースレイヤー(速乾性の長袖Tシャツ)
    綿素材のシャツは汗をかくと冷えるので化繊素材のものが必須。

  • ソフトシェル(薄手の長袖シャツ、ウインドブレーカー、化繊のパーカー等)
    まだ寒い時期なのでレインウェアで代用可能ですが、透湿性の高いソフトシェルがあると便利です。

  • 防寒着(フリース又はダウン)
    標高の高い場所では日中でも寒くなります。休憩時や昼食時にさっと取り出せるように用意しましょう。

  • 帽子、手袋
    暖かいニット帽やウールの手袋がお勧め。

  • ロングパンツ
    厚手の暖かい登山用パンツがお勧め。薄手のパンツやハーフパンツ+薄手のタイツは寒いのでやめましょう。※ジーンズ厳禁。

  • レインウェア上下
    登山用の上下に分かれたレインウェアを用意して下さい。

【5月のおすすめツアー】

A7304357.JPG

縄文杉一日トレッキング

白谷の幽玄-4.jpg

白谷雲水峡一日トレッキング

.jpg

縄文杉と白谷雲水峡
​一泊二日キャンプ

宮之浦岳・黒味岳(標高1400m~1900m付近

【5月の気温:16℃~5℃】

暖かい日が続けば早めに雪は解けるものの、山頂付近は風が強く体感気温は氷点下となるでしょう。まだ初心者が気軽に行ける時期ではないので、経験者に同行するかガイドツアーに参加するのが安心です。

装備に関しても登山用の適切なものを準備しましょう。

4月に.JPG
5月いち.heic

【5月の服装】

  • ベースレイヤー(長袖)
    化繊かメリノウールのシャツ等。

  • ソフトシェル
    パタゴニアR1やモンベルのシャミースジャケット等。

  • 防寒着(フリース又はダウン)
    キャンプをするならできるだけ厚手のものを。

  • 帽子、手袋
    暖かいニット帽やウールの手袋がお勧め。

  • ロングパンツ
    厚手の暖かい登山用パンツ。

  • ハードシェル上下
    ゴアテックス製が◎。

  • 登山靴
    3シーズン用トレッキングブーツ。

【5月のツアー】

霧が晴れ-1.jpg

屋久島縦走一泊二日キャンプ